素人の作ったZINEを受け付けてくれるショップや会社を紹介

未分類

※アフィリエイト広告を利用しています。

この記事では以下の悩みを解決します。

  • ZINEをもっと多くの人に見てもらいたい
  • もっと売り出したいけどお店に営業しに行く勇気がない
  • 素人の作品を取り扱ってくれるお店を知りたい
  • ZINEを掲載してくれる雑誌を知りたい

作品に自信があっても何者でもない自分がお店に営業しに行くのは少し勇気がいりますよね。

「面白いZINE作ったのでお店に置いて欲しいです!」なんていう素人の営業にうんざりしているショップも多数あるようです。

今回はお店に行かなくてもオリジナルZINEを取り扱ってくれるお店とZINEを掲載してくれる可能性がある雑誌を紹介します。


自分のオンラインショップがない人はBASEで無料のオンラインショップを作るといいです。

BASEなら初期費用月額費用不要で振り込みの際に、振り込み手数料がかるるだけです。

つまり自分の商品が売れて売上金を銀行に送金する時に初めてBASEにお金を払うというシステムです。

僕が運営している「まるいわ書店」もBASEでオリジナルZINEを販売しています。



>>BASEで作ったショップを見る
(まるいわ書店BASE)

素人の作ったZINEを置いてくれるお店「MOUNT ZINE」

MOUNTZINE  東京都世田谷区にあるZINEショップです!

MOUNTZINEさんではジャンル問わず審査なし販売手数料なしで出品料だけ払えば半年間東京にあるMOUNTZINEさんの店舗とオンラインショップでZINEを取り扱ってくれます!

エントリーはこちらのMOUNTZINE 公式サイトから可能です。

<募集条件>

募集は年に2回 

出品料 1タイトル:13,000円

ジャンル:自由

サイズ:A4以下

販売価格:300~2000円の範囲で設定(100円刻み)

納品部数:初回納品は5部か10部

※出品料や募集条件は変更される可能性があります。

※詳しくは公式サイトで確認してください。

MOUNTZINEさんに出店するメリット

  • 半年間お店で展示と販売をしてもらえる
  • 半年間オンラインショップで販売してもらえる
  • フォロワー約1万人のInstagramで1タイトル1回インスタグラムの投稿にて作品を紹介してもらえる
  • 売れたら販売利益は分のもの。 販売手数料なし

半年間お店で展示と販売をしてもらえる

MOUNTZINEさんは東京の有名なzineショップです。

東京なので海外のお客さんも少なくありません。

そんなショップでZINEを手にとって見てもらえる機会を作れるのは大きなメリットです。

半年間オンラインショップで販売してもらえる

MOUNTZINEさんは実店舗だけでなくオンラインショップでも販売を行ってくれます。

店舗にはこれない人や他の作品目当てでオンラインショップに来たお客さんにも自分の作品を見てもらうことができます。

フォロワー約1万人のInstagramで作品を紹介してもらえる

フォロワー数約1万人(2023年11月26日時点)のMOUNTZINEさんのアカウントでZINEの紹介をしてもらえます。

ZINE好きのフォロワーさんに作品を見てもらえるのでかなり宣伝になります。

僕の作品が紹介された際はMOUNTZINEさんの投稿をきっかけに数人の方が「まるいわ書店」のインスタアカウントをフォローしてくれたりストーリーズを見に来てくれました。

いいねの数144件は自分のアカウントでは一生見れなさそうな数です。

売れたら販売利益は全て自分のもの 販売手数料なし

販売利益は応募した人のものになります。

販売手数料はかかりません。

ただし売り上げの振り込み手数料は応募した人が負担することになっています。

MOUNTZINEさんに出店するデメリット

  • 出品料が13000円
  • 売れ残った商品は着払いで返却

ZINEをMOUNTZINEに出品した感想

「まるいわ書店」として僕も一度出品させてもいました。

半年間で5冊売ることができて出品して良かったと感じました。

出品料を考えるとマイナスですが多くの方に自分のZINEを手にとってもらえるのはかなり大きな収穫です。

インスタグラムで投稿してもらえるのも自分のインスタアカウントの投稿のネタになるのでとても助かります。

まるいわ書店のアカウントではMOUNTZINEさんが僕のZINEを紹介した投稿をハイライトに載せています。

MOUNTZINE 公式サイト

MOUNTZINEさんに出店していた作品

まるいわ書店オンラインショップ

ZINEを掲載してくれる雑誌

以前「オススメのフリーマガジン」で紹介したHIDDEN CHAMPION(ヒドゥンチャンピオン)では最後から四番目あたりのページにZINEを掲載する「ZINEZINEZINE」というコーナー(不定期)があります。

そこには「PLEASE SEND US YOUR “ZINE”TO HIDDEN CHAMPION.」(あなたが作ったZINEを送ってくださいいつかどこかで掲載するかもしれません)と書かれています。

絶対に載せてくれるというわけではありませんが送る価値はあります。

HIDDEN CHAMPIONはアートを中心としたストリートカルチャーのフリーマガジンなのでストリートカルチャー関連のZINEやイラスト系のZINEを作っている方は掲載してもらいやすいかもしれません。

送り先についてはHIDDEN CHAMPIONを手に入れて記載されている送り先住所に送ってください。

HIDDEN CHAMPION#60ではグラフィティー ライターの「nyke」さんのZINEが掲載されました。

#62では「四本 拓也」さんのZINEが掲載されています。

HIDDEN CHAMPIONについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

HIDDEN CHAMPIONにzineを送った結果

  • 超絶画角
  • French fry
  • Sticker art

上記3点のオリジナルZINEをまとめて送りましたがどれも掲載されませんでした。

Sticker artは自身があったので悔しかったです。

HIDDEN CHAMPIONに自分のZINEを掲載してもらうことを現在の目標の一つにしています。

最後に

せっかく作った作品ですからどうせなら一人でも多くの人に届けたいですよね。

1店舗ずつ足を運んで営業するのが理想ですが今回紹介したMOUNTZINEの企画にエントリーすれば出品料を払えば置いてもらえます。

HIDDEN CHAMPIONにあなたの作品を送れば掲載してくれるかもしれないです。

是非思い切って挑戦してみてください。

自分のオンラインショップを作ってない人は、BASEを利用していますぐ無料でオンラインショップを作りましょう。

関連記事

ZINEを作るときの印刷会社の比較表を作ってみたのでなるべく安くZINEを作りたい方は参考にしてみてください

ZINEのデータの作り方が知りたい方は無料ソフトpagesを使ったデータ作成のやり方を紹介しているので参考にしてみてください